【拡散!】川内原発の火山監視について保安規定の異議申し立て

みなさまへ<拡散希望>

川内原発の火山監視について保安規定の異議申し立てを行います。
申立人に連名される方を募集しています。申立書を添付します。

締切は7月23日(木)朝7時です。同日午後に提出します。申立人の
連名は以下のフォームからお申込みください。
https://pro.form-mailer.jp/fms/12198ef481545
連名された方のリスト(氏名・年齢・住所)をつくって申立時に原子力
規制庁に提出します。特に義務的なものはありません。

7月23日(木)午後に原子力規制委員会に申立書を提出します。当日
は13:30から、原子力規制委員会玄関前にてアピール行動を行った
後、提出します。14:00に提出します。

5月27日に川内原発の保安規定が認可されましたが、その中に火山活
動のモニタリング(監視)が含まれます。

平行して開かれている国側の対処方針を定める検討会では、火山学者が、
噴火予測は困難であり既存の観測では不十分と訴えており、モニタリン
グ方法も判断基準も決められない状況にあります。

ところが、保安規定の審査は、火山学者抜きで、既存の観測で噴火の6
0年前に予測ができ、核燃料搬出も間に合うとの九電案をそのまま通し
てしまいました。この二枚舌審査を批判するために、行政不服審査法に
基づく異議申し立てを行うことにしました。

問合せ 申立人総代 阪上 武 090-8116-7155

阪上 武