草加駅頭でのスタンディングアピール

草加と南越谷のスタンディングに参加している立田さんの文章です。

 

*******************************************************

 

 

草加駅頭でのスタンディングアピール

                     立田市郎

 

先日、夢を見ました。

「大江健三郎、鎌田慧、落合恵子、吉永小百合、菅原文太、沢田研二、山田洋二、山本太郎など皆さんがJRや私鉄の駅頭に立って静かにスタンディングアピールをしています。

各駅頭ともすごい人、スマホ、携帯で写真を撮る人、一緒にプラカードを持つ人などなど。

すごい世の中になったな、これで原発再稼働反対、9条を守る運動も完全に定着だ。

もう太平洋戦争の轍は踏まないぞ」と思ったところで目が覚めました。

 

 山猫くらぶでは倉橋さんたちや山猫以外の人も入って、7月半ばから毎週1回(今は月曜日)草加駅東口で午後5時から6時までスタンディングアピールをしています。

毎回4~6名参加者があり、すっかり定着しました。

 

 マイクを持つことはしません。ただ静かに各々プラカード、看板を持って立つだけです。

しかし、道行く人々は少なからず関心を示します。

チラッと見る人、10メートル先からアピール文を読む人などです。

特に小・中学生は見てくれます。勿論、全く関心を示さない人もいます。

しかし手応えは確実に感じます。

 

 私は、『それでも、日本人は戦争を選んだ』(加藤陽子著)など何故太平洋戦争に庶民、知識人が突き進んでいったのか、書かれた本を読むと時の政府、軍部の巧妙な挙国一致政策や、翼賛メディア、戦争に進まざるを得なかった村社会の仕組みなどの要因がありますが、しかし多くは戦争への疑問があり反対の気持もあったのです。

 では、何故か。私は残念ながら〝一人でもやる、一人でもやめる〟気持ちをもたなかったことが、大きな要因だろうとおもいます。

開戦初期、その前の段階で行動が起こせなかったからではないか。ヒトラー独裁下一人の神父が述懐しています。

独裁の足音が小学・中学校にきた時にはまだまだと、まさか教会にはこないと思っていた。

教会にきたときには抵抗しようと。

しかし教会まできた時にはとても抵抗できる状況ではなかったと。

 

 今、まさにこの状況にあるのではないでしょうか。

安倍独裁政権の教育改悪、中国、北朝鮮を敵と見なし(仮想敵ではない)、国を守れの大合唱、果てはアメリカの先兵としての人道・軍事支援、志願兵募集の先の徴兵制でしょう。

 

 私は「一人でもやる、一人でもやめる」(小田実)をなんとか全うしたいと思います。

スタンディングアピールは、浦和駅、川口駅、久喜駅、南越谷駅など確実に広がっています。

全国の九条の会ががんばってこれにとりくんだらすごいとおもいます。

 皆さん、参加しませんか。

 

 

コメント: 4 (ディスカッションは終了しました。)
  • #1

    寅次郎 (日曜日, 21 9月 2014 20:13)

    基礎はほんとに大事だと思います
    私のような一般人が日本の近現代史を学ぶためには妥当なテキストを選ぶことが大事だと思います
    立田さんが言及している加藤陽子の「それでも、日本人は戦争を選んだ」に加えて、朴裕河(パク、ユハ)の「和解のために」と、ジョン・ダワーの「敗北を抱きしめて」を推薦したいと思います

    読んで面白いし、基礎学力がつくので、ひとりよが理論に陥らなくてすみます

  • #2

    nankoshi (日曜日, 21 9月 2014 21:49)

    寅次郎さん、推薦本ありがとうございます。

  • #3

    寅次郎 (水曜日, 24 9月 2014 08:49)

    また立田さんの「草加駅宣言」に戻ってきました。私もずっと、何故日本が太平洋戦争に突き進んでいったのか、不思議に思っていました

    若い頃、そもそも中国を侮ったのがいけなかったんじゃないか、と感じました
    原発事故があって責任者といわれる人々の、その無責任さと無能ぶりが白日の下にさらされた時、あの時代の責任者もきっとこういう人々だったんだなあ、と感じました
    6月に新宿でデモ行進に参加した時、うっかり歩道にいるガタイのいい男性に手を振って睨まれて、こいう屈強な男たちが国家権力を後ろ盾にホンキになったら戦争反対なんかできなくなるな、と感じました。デモの間中、いい気になるなよジジイお前なんかいつでもひねりつぶせるんだぞと語ってる目が、何度も頭にフラッシュバックしました

    立田さんの意見をチープにおさらいしただけですが、どうして戦争に突き進んだかの疑問に対する、私の、考えじゃなく、感じです

    まだ今ならへたれの私でも反対できる、そんな気持ちで今日も浦和駅でスタンディングしてきます

  • #4

    nankoshi (木曜日, 25 9月 2014 10:19)

    あの悲惨な戦争を体験した日本は、二度と同じ過ちを繰り返すはずが
    ないと思い、生きてきました。
    だけど、どうも、そうではないかもしれないと、思い始めています。
    国民の多くが気づいた時には、もうどうしようもない事態に
    なっていそうで怖いです。

    と言っても、じゃあ何ができるのか?
    本当に小さなことしかできません。
    小さなことでもやるっきゃないですね。

    寅次郎さんは週に4回?いや、7回?もスタンディングなさっています。
    私も、もっともっと頑張れねば。